東石井保育園へようこそ!

 こちらは、宇都宮の平石・清原地区にある東石井保育園です。

周りには森や河川、田んぼや畑に囲まれ、自然と緑あふれる環境になっております。

 

「地域に根ざし、生活を総括した保育こそ健全な保育である」を育成方針とし、子どもたち自らの「生きる力」をはぐくめるよう保育を行っております。核家庭が増え、なかなか他者とのコミュニケーションを見出すことが難しい時代です。保育園は、積極的に子ども達が社会に出るまでに身につけるべき「社会性」を育成する場所と捉えております。1日の半分を生活するご家庭、保護者の方々はもちろんの事、地域の方々やボランティアの人を含め、「大きな家族」への参加を意識し、恵まれた自然環境を生かしながら、子どもたちの生涯にわたる「知識」や「しつけ」、「人間性」、「伝統」を身につけ、10年後、20年後の「生きる力」の礎作りを行っていきます。

保育園からのお知らせ

 

【職員採用について】

社会福祉法人愛親会では、随時職員を募集しております。

就職を希望される方は、お気軽に東石井保育園までお問い合わせください。

保育園ブログ

七夕会を行いました。

今日は五節句の一つの七夕です。保育園ではこどもたちがお家で短冊の願を家族と一緒に考えて飾りつけを行いました。こどもたちは、先生からパネルシアターを使いながら由来などの説明を聞いていました。みんな興味深々に聞いていました。みんなの願いが叶いますように祈ってます。

また、今日の給食は七夕のお楽しみメニューです。

 

 

みんなでお弁当を食べました。

昨日、園外保育でひまわり組(5歳)のおともだちが飛山城址跡公園へ行く予定でしたがあいにくの雨で中止となりました。こどもたちもとても期待していたのですがとても残念です。それでも、こどもたちはお弁当とおやつをみんなで食べたりゲームをしたりと普段の活動と違うことが出来ることでとてもテンションが高く、朝から「お弁当」「お弁当」と大騒ぎでした。こどもたちにとって行事の少ないコロナ化のなかでは少しでも特別感を出すことで、楽しさが倍増するものだと改め感じました。これからも保護者の皆様のご協力を頂きながら、こどもたちの保育園での生活が充実して過ごせるよう取り組んで行きたいと思います。

園外保育の予定でした。

さつまいもの苗植えを行いました。

今日はひまわり組(5歳)あやめ組(4歳)のこどもたちがさつまいもの苗を植えました。さつまいもの苗を見るのも初めてなこどもたちがほとんどです。当然、植え方は先生に教わらないと分かりません。「どうやんの」「教えて」との声をたくさん聞きました。すると一生懸命苗植えを行ってました。秋の収穫を楽しみにしていて下さい。

 

田植えを行いました。

今日はひまわり組(5歳)のおともだちが近隣の田んぼで田植えを行いました。毎年恒例の田植えですがこどもたちは朝からすごく楽しみにしている様子でした。田んぼに裸足で入るのが初めてのこどもたちがほとんどでした。最初は足元が不安定で怖がったりもしていましただんだん慣れて楽しんでいました。また一つ」貴重な体験をすることが出来たと思います。今年も近隣の田んぼの方からのご協力を頂きありがとうございました。

続きを読む